蒲田駅から徒歩2分 ツラい体もスッキリ。整体るーむ・けいふろう

JR蒲田駅から徒歩2分のところにある整体るーむ『K-flow(けいふろう)』です。 内臓のコリに着目し、頭痛・首・肩コリ、腰痛、内臓のコリ、心の疲れをメンテナンス&リフレッシュする、貴方だけの隠れ家的な落ち着ける、友人のお部屋感覚の整体るーむです。 Twitterもやっております。フォローして頂けると嬉しいです。 https://twitter.com/jitetu_seitaisi Facebookもやっております。「いいね」して頂けると嬉しいです。 「血流整体 K-flow(けいふろう)」と検索してみてください。 施術の説明・健康情報・周辺情事・オーナーのプライベートなどを呟いていきます。

2014年03月

■冷え性や肩コリ・便秘・腰痛など≪内臓のコリ≫からほぐす優しい施術です。勧
■JR蒲田駅(東口)から徒歩2分のアクセスが便利な場所にあります。
■日頃忙しい方の為に土・日・祝日(月曜日定休)で営業しています。
■10:00~21:00までFreeCall 0066-9715-4375でご予約の受付をしております。
■24時間いつでもご予約頂ける便利なネット予約もご利用頂けます。
https://www.peakmanager.com/pcweb/1008

ツラい冷え性・首・肩コリ・便秘・むくみなど≪内臓のコリ≫からアプローチし、からだ・心の疲れをメンテナンス&リフレッシュします。(マニプレーション)
自分と向き合い、しっかり不調を根本から解決したい方にけいふろうの施術をお勧めします。

認知症の母と息子(11)【パーソンセンタード・ケア】

ブログネタ
医療・病気・治療 に参加中!
◆後悔?自問自答の日々◆
【死ぬその時まで元気で】
 3年前の検査入院で心不全の診断&治療で2泊3日の予定が1か月の入院で母の認知症は一気に加速しました。心不全治療に専念するなら入院生活も選択肢に入っていただろうけど、『死ぬその時まで元気で自宅に居させたい』と言う希望がありました。この3年間はその方針に沿って生活しました。2度目の入院で去年3月退院の時は主治医に「もう独居は無理です。何かあった時は家族のせいですよ。」と言われ私だけ実家での同居を決断。
 大学病院への通院も精神的・肉体的に難しいと判断し、月2回の訪問診療に切り替えました。最初の頃、訪問してくれた主治医に「本当は入院したほうが万全の治療が出来て良いのですが。」と心配される病状でした。処方箋を持って薬局に行くと「この薬は普通入院してる方にお出しする物なんですけど。」と首を傾げられる始末。そんな具合でも、主治医は私の想いを理解・協力してくれました。

【介護度4から1へ】
 3年前から比べて徐々に徐々に弱っていく母を見て『そう遠くは無い時期にお別れするんだ。』と覚悟を決めて接してきました。しかし、近親者の印象と違い主治医が言うのには「段々元気になってますね。ここ数か月は、非常に調子が良いようです。血液検査の結果も良いです。」と言われる始末。この時は、喜び半分。訪問診療ではちゃん診療出来てない半分。でした、検査至上主義の弊害を感じました。でも認知症の症状は安定してるので『良し』としてる自分がいました。
 実際は認知症も進み、歩くこともシンドイ様子だったのでケアマネージャーに、介護度の異議申し立て。或いは再判定依頼の相談してた矢先の事でした。
DSCF6483
【後悔?良かった?】
 緊急入院して3日目に亡くなった母を思うと『もっと早く自主的に入院させていれば、もっと長生きしたかも。』と言う後悔と『死を迎える直前まで普通に生活できたんだから、これで良かった。』と言う思いと亡くなって数日は自問自答でした。
 今は大分落ち着いて『これで良かったんだ。やるだけの事はやったんだ。』と言う満足感があります。また、『検査データだけでは人間の具合は解らない』と言う教訓も強く頭に入り込みました。

【関連記事】
認知症の母と息子(10)【パーソンセンタード・ケア】


◆ 営業時間(完全予約制)

  10:00~22:00(最終受付は21:00まで)
  ご予約の際は1.お名前2.ご希望メニュー3.ご希望日時[出来れば第12希望まで]を電話かメールでお知らせください。施術中お電話に出られないことがあります。留守番電話に
  ●お名前 ●連絡のとれる電話番号 ●簡単な用件 をお入れください。折り返しお電話を差し上げます。
◆予約受付時間  
  お電話の受付時間は9:00~22:00 メールでの受付は24時間承っております。
◆土日・祝日も営業( 不定休)

血流整体K-flow(けいふろう)
〒144-0052 大田区蒲田5-41-5サウンドプルーフ蒲田アネックス 203号室
Phone 03-6715-8191 Mobile 090-8622-1546
web:http://www.kflow.jp/ mail info_kflow@ybb.ne.jp

認知症の母と息子(10)【パーソンセンタード・ケア】

ブログネタ
メンタルヘルス に参加中!
【春一番と共に】
 先の日曜日。母の月2回の訪問診療にいつもは同席しないが、病状が少し気になり箇条書きにしてプリントしたものを主治医に渡そうと時間に合わせて一時帰宅した。その時、今朝見た時より明らかに母の顔が赤ら顔で浮腫んでいた。以前も顔や足が浮腫んでいたので「具合が少し悪いな。」くらいの印象。主治医にその事も告げようと考えていた。
 待っている間「お前に心配かけるなら入院しようか?」といつもなら絶対に入院しないと頑なに言っていたのに。今回はかなり弱気になっていた。
 主治医が到着し、玄関先で病状を簡単に説明し部屋で母を見るなり「もう自宅では診れないので直ぐに救急車で病院に入院しましょう。」と言う事になった。妻も時間に合わせて実家に来てくれたので、救急車に同乗してもらった。
 
 私は職場に戻り、営業終了まで仕事をし、病院に駆け付けた。母はER室にいた。 母の顔を見て「元気になって早く退院しようね。」と「私はなんでここにいるの?早く家に帰りたい。」その日は帰宅した。翌17日の昼休みに病院に行き、そこで担当医から説明を受けた。「この状態では、退院できたとしても体力面でご自宅に戻る事は難しいですね。」と。話を聞いて1か月くらいの入院で寝たきりと認知症が進むんだろうな。と想像した。
 母は「早く家に帰りたい。」と繰り返していた。仕事が終わり再び病院を訪れた時はもう帰りたいとは言わなくなり、「もう疲れたの。眠いの。」と言っていた。
 翌18日の朝、いつものように職場に着き営業準備をしていた時にスマホの呼び音が鳴った。病院からだった。「点滴を打って一晩様子を見ていましたが、改善が見られず血圧が下がって来ています。今日、明日が山場でしょう。」と。慌てて病院に駆け付けた。「早く元気になってね。それまでまた花の写真を撮って持ってきてやるよ。」と。母は顔をしかめ『お前の写真なんか、興味ない。』と言うように片手でイヤイヤをした。まだ、そんな元気があった。とちょっと安心。
 事前にハイリスクな積極的処置や延命装置をしない事を確認していたので、このまま点滴を続行した。いずれはこの時が来ることは解っていたが、その時は母の死が近づいている事を理解できていなかった。どこかでまた元気になると楽観していた。

 一端、職場に戻りご予約して頂いたお客様にキャンセルの連絡を済ませ、再び病院に戻った。朝より明らかに弱っていた。顔を覗き声を掛けると「疲れたの。眠いの。」と繰り返すばかり。手を握ると「大丈夫。ありがとう。」と言ってくれた。妻と長男が駆けつけてくれた。母は眠ったいたので交代で昼食に出かけた。まずは長男と私が近所のレストランで食事を済ませ、すぐに戻った。長男は次男・長女の連絡係として病室の外に。妻は昼食を取りに病院の外へ。
 母と二人きりになった。緊張のせいか指先が冷たくなったので母の手を離し、眠る母の耳もとで「早く元気になって帰ろうね。」もう反応はなかった。そして、呼吸の間隔が段々大きくなっていた。「まずい。」看護師にすぐに声をかけ状態を見てもらった。「先生を呼んできますね。」私は直ぐに妻に電話。5分くらいで駆けつけてくれた。ほどなく子供たちを揃った。医師が来るまで鼻をすする音だけが耳に届いた。

 医師が到着し瞳孔の反応・呼吸の有無の確認などをし「午後1時38分。死亡を確認しました。」と告げられた。その日は春一番が吹き荒れていた。母の突然の死だった。
DSC00499
【川崎 濱子 享年86歳】
つづく。。。

【関連記事】
認知症の母と息子(9)【パーソンセンタード・ケア】

◆ 営業時間(完全予約制)

  10:00~22:00(最終受付は21:00まで)
  ご予約の際は1.お名前2.ご希望メニュー3.ご希望日時[出来れば第12希望まで]を電話かメールでお知らせください。施術中お電話に出られないことがあります。留守番電話に
  ●お名前 ●連絡のとれる電話番号 ●簡単な用件 をお入れください。折り返しお電話を差し上げます。
◆予約受付時間  
  お電話の受付時間は9:00~22:00 メールでの受付は24時間承っております。
◆土日・祝日も営業( 不定休)

血流整体K-flow(けいふろう)
〒144-0052 大田区蒲田5-41-5サウンドプルーフ蒲田アネックス 203号室
Phone 03-6715-8191 Mobile 090-8622-1546
web:http://www.kflow.jp/ mail info_kflow@ybb.ne.jp

『生きていくための質』

ブログネタ
メンタルヘルス に参加中!
■メンタルケア心理士への道(4)
 メンタルケア心理士の資格取得の為、勉強してます。そのカウンセリング基本技法でちょっと面白い記述をピックアップしてます。
『生きていくための質』
 QOL(クオリティ・オブ・ライフ):狭義的には生活の質解釈でき人間の日常生活をどれだけ苦痛の少ないものにするか。と言う意味になる。また、広義的には人生の質解釈できる。この向上は人類全般の健康増進と意味つけることができる。何故、このような言葉が生まれたかと言うと『適切な医療を施したが、その医療行為によって患者の心に後遺症を残してしまう。』つまり病気には勝ったが、患者は負けてしまった事と同義な状況が問題である。がんの手術は成功したが、からだに消えない傷跡がのこり、その事で生きながらにして苦痛を味わい続けて行かなくてはならない状況に悲嘆し精神の健康を失ってしまうのである。
life1

『本当の健康とは』
 WHOの定義によると「身体的・社会的・精神的に完全に良好」でないと健康ではないと述べている。病気は治って身体的に良好でも精神的に良好でなければ健康とは言えないのである。身体的・社会的・精神的と3つに分けているが、これは相互に依存関係にあるのでどこが欠けても不健康な状態になるのである。
 うつ状態を抱えていたら不眠症も罹ってしまった。それが原因で会社にも行けなくなってしまった。どこかが異常をきたすと「カスケード現象」にように次から次へと悪くなってしまうのである。
 K-flowにお越しのお客様には、やはり、家庭や仕事でストレスを抱え、身体の不調を起こしてる方が多いのです。現代社会では中々ストレスが多い環境です。
K-flowでは、『内臓のコリ』を解消する事で『施術で身体のケア』と『カウンセリングで心のケア』と両方からアプローチしております。


◆ 営業時間(完全予約制)

  10:00~22:00(最終受付は21:00まで)
  ご予約の際は1.お名前2.ご希望メニュー3.ご希望日時[出来れば第12希望まで]を電話かメールでお知らせください。施術中お電話に出られないことがあります。留守番電話に
  ●お名前 ●連絡のとれる電話番号 ●簡単な用件 をお入れください。折り返しお電話を差し上げます。
◆予約受付時間  
  お電話の受付時間は9:00~22:00 メールでの受付は24時間承っております。
◆土日・祝日も営業( 不定休)

血流整体K-flow(けいふろう)
〒144-0052 大田区蒲田5-41-5サウンドプルーフ蒲田アネックス 203号室
Phone 03-6715-8191 Mobile 090-8622-1546
web:http://www.kflow.jp/ mail info_kflow@ybb.ne.jp

初センチュリーライド

ブログネタ
写真日記 に参加中!
 昨日、3月11日は東日本大震災から3年の月日がたった日です。昨年次男と訪れたのでまだ、心に引っかかります。さて、その次男と八王子にある父親(次男には祖父)の墓参りに自転車で行ってきました。
 次男と元々自転車が苦手。しかし、夢を追うために体力と精神力を鍛える為にとこの正月から自転車(ロード)とランを始めました。正月には初ロードに付き合い往復35km走りました。その後、一人で練習を積んでいたそうな。そして、前々から約束してた墓参りライドを実行しました。

 朝、8時に実家に来て祖母に挨拶。色々準備しながら8時半に出発。ユックリ走りながらウォームアップ。しかし、多摩川サイクリングロードに出たら体が重い。いつものギアで漕げない自分にちょっと不安を覚えました。私と次男のスキルを考え、私は数kgのカメラバッグを持ち、通勤用の安物ミニベロで行くことにしました。
※後でこの選択が大失敗だったことは、この時は解りませんでした。
 いつも思うのですが、多摩サイ(多摩川サイクリングロード)を走ると向かい風で苦労します。この日も強烈な向かい風。早速、等々力競技場付近にある通称「東屋」で休憩を取りました。次男にとっては初の100km越え。なるべくのんびり走り、小まめに休憩を取る予定にしてました。これは久々の長距離を走る自分にとっても大事な事でした。
DSC00726
↑東屋から見える丹沢の山々?
DSC00731
↑盛りを過ぎた河津桜
 多摩サイを右岸・左岸と縫うように走ります。途中、知人夫妻経営のcafeの前を通りましたが、生憎休業日でした。とてもオシャレなお店です。経営者のご夫妻もお店に雰囲気に合うオシャレなご夫婦です。
IMG_20140311_095656
↑Cafe「FINEL」
Cafe FINEL (フィネル)
住所:東京都狛江市駒井町3-6-4
電話番号:
03-5761-9086
 そして、多摩サイを多摩河原橋(矢野口)で左折し、鶴川街道に進んでいきました。
IMG_20140311_102922
↑時々コンビニ休憩
 スマホを購入して初めて「マップ」と言うアプリでナビゲーションさせた。使い方もイマイチ解らず、徒歩でナビを設定したのが悪かった。細い坂道ばかりで、「ココが東京?」と思える集落に来てしまった。次男は心細くなり半分泣きべそで「今日はここで引き返そう。」と言い出す始末。 その集落から見える観音様?と富士山です。この日は、終始晴天であちこちから富士山が見えました。
DSC00736
↑千手観音?奥に富士山が
 ナビに振り回され、あっちこっちと遠回りしていたら予定到着時間を大幅に遅れ、多摩センター駅近くでランチを摂る事にしました。ステーキのけんで私はパスタランチ・次男はプレミアムステーキ180gを注文しました。
IMG_20140311_123050
↑サラダバーのサラダをぱくつく次男
 ここで少し休憩と燃料補給をし、少し気持ちがアップし、南大沢にある菩提寺を目指しました。八王子なので徐々に上っていきます。
 通称「尾根幹」を上っていきます。ここまでにもう脚は『売り切れ』状態。しかし、最後の力をふり絞って上ります。
菩提寺そばのコンビニで親父の好きだったトマトジュースと蒸しパンを買いました。
 菩提寺下に階段があったので「ココに自転車を置いて階段を昇っていくか?」と提案しましたが、「ここまで来たら自転車で行こう」と次男。 何とか菩提寺にたどり着きました。彼は寺のベンチでぐったり。私は受付で管理費を払い、二人で墓の掃除をしました。 「厳しかったお祖父ちゃんがきっと二人に試練を与えてくれたんだな。」と私。「そうだね。」と次男。綺麗になった墓の前で二人手を合わせました。
DSC00738
↑下の車道から高台にある寺まで一気に登ります
DSC00743
↑墓を綺麗に掃除しました
 さて、日が暮れる前に家にたどり着かないといけません。時間は2時を少し回ってました。「帰りは下りだからすぐに帰れるぞ。」と次男を騙す父。「うん。解った。」と答える次男。帰りはいつもの尾根幹経由で矢野口まで行き、そこから川崎街道を走り、等々力競技場の所で多摩サイに戻り帰宅する事にしました。
 途中、疲れた足と痛いお尻で何度も立ち止まり休憩。ギアもハイギアを踏めませんでした。お腹も空いて来たし日の入りが気になりましたが、ファミレス(ジョナサン稲田堤店)で休憩を取りました。
140311_155138
↑焼き立てデニュッシュのソフトクリムーム添え
 やはり甘いものが欲しくなります。次男と二人で貪りつきあっという間になくなりました。「口の中が甘いからしょっぱい物を食べたい。」とのリクエストにソーセージの盛り合わせを頼みました。ようやく自転車を漕ぐ気力が湧きました。あと、25kmくらい。何とかとぼとぼ漕ぎ、ガス橋で休憩。そこからは自由解散にしました。次男より先に行きましたが、夕景を盗ったり休み休み走っていたら次男に追い越されました。最後の10kmくらいは完全に次男のほうが速かった。
DSC00747
↑沈む夕日がキレイでした

次男 初のセンチュリ-ライド。少しは自信が付いたでしょうか?そう願います。
昨夜はゆっくりお風呂に入り、入念にストレッチ、マッサージをしたので今朝は爽快に起きれましたが、いつものようにジテツウしたら、やはりダメージが残ってました。右足首・左膝上部・右股関節部・臀部に痛みが残りました。これはまた、鍛えなおさないと。と思いました。

【関連記事】
認知症の母と息子(9)【パーソンセンタード・ケア】


◆ 営業時間(完全予約制)

  10:00~22:00(最終受付は21:00まで)
  ご予約の際は1.お名前2.ご希望メニュー3.ご希望日時[出来れば第12希望まで]を電話かメールでお知らせください。施術中お電話に出られないことがあります。留守番電話に
  ●お名前 ●連絡のとれる電話番号 ●簡単な用件 をお入れください。折り返しお電話を差し上げます。
◆予約受付時間  
  お電話の受付時間は9:00~22:00 メールでの受付は24時間承っております。
◆土日・祝日も営業( 不定休)

血流整体K-flow(けいふろう)
〒144-0052 大田区蒲田5-41-5サウンドプルーフ蒲田アネックス 203号室
Phone 03-6715-8191 Mobile 090-8622-1546
web:http://www.kflow.jp/ mail info_kflow@ybb.ne.jp

肝臓が固くなるワケ(理由)

ブログネタ
健康雑学 に参加中!
■メンタルケア心理士への道(3)
 メンタルケア心理士の資格取得の為、勉強してます。その精神解剖生理学基礎でちょっと面白い記述をピックアップしてます。
『ADME』
 K-flowで最初に行う施術に「腹式深呼吸法」があります。体内の60%以上分布してる内臓にある血液の血流を促す事が主な目的ですが、あまり飲酒していないのに肝臓部分が固い方がおられます。その理由に薬やサプリメントの常用が考えられます。また、一時的にしろ市販の風邪薬でも肝臓が固くなります。
IMGP4352
↑腹式深呼吸法
 それは、ADMEといい、多くの薬は
1.胃や腸からの吸収(absorption)され、肝臓を通り体内に入る。
2.血液で体内のさまざまな場所や臓器に運ばれて分布(distribution)し、効果を示すことになる。
3.その後、徐々に肝臓で分解し無毒化など変化し、代謝(metabolism)される。
4.また、腎臓から尿に混じって体外に出されたり、一部は胆汁と一緒に便に混じって体外に排出(excretion)される。
kusuri1

このように大部分の薬は体内で吸収・分布・代謝・排泄と言う過程を通る。この事をそれぞれの英語の頭文字をとって【ADME】という。
 この事から胃や腸の働きが弱い方が薬を服用すると、想定した血中濃度(吸収された薬の濃度)にならなかったり、働きが弱い肝臓や腸に反って負担を掛けることになる事も容易に想像できます。その証拠として前出したように肝臓が固くなる方がおられます。
 また、薬服用後24時間以内にK-flowの施術をすると、急激に吸収され血中濃度が有効域(有効に作用する濃度)事もあります。なのでコンサルテーションの時に既往歴や投薬の有無を必ずお伺いいたします。
【関連記事】
馬耳東風の逆バージョン?


◆ 営業時間(完全予約制)

  10:00~22:00(最終受付は21:00まで)
  ご予約の際は1.お名前2.ご希望メニュー3.ご希望日時[出来れば第12希望まで]を電話かメールでお知らせください。施術中お電話に出られないことがあります。留守番電話に
  ●お名前 ●連絡のとれる電話番号 ●簡単な用件 をお入れください。折り返しお電話を差し上げます。
◆予約受付時間  
  お電話の受付時間は9:00~22:00 メールでの受付は24時間承っております。
◆土日・祝日も営業( 不定休)

血流整体K-flow(けいふろう)
〒144-0052 大田区蒲田5-41-5サウンドプルーフ蒲田アネックス 203号室
Phone 03-6715-8191 Mobile 090-8622-1546
web:http://www.kflow.jp/ mail info_kflow@ybb.ne.jp

フォローをお願いします!
マニプレーターのプロフィール
QRコード
QRコード
リンク集
★手技療法の施術院を紹介★
整体・カイロなび

★ジテツウ整体師のブログ★
ジテツウ整体師バナー1

★全国の整体の口コミサイト★
http://www.iarc.jp/seitai/

★東京にある整体の口コミサイト★
東京都にある整体の口コミ・評判なら 

★治療院くち得ナビ★
治療院 くち得ナビ

★腰痛専門 腰痛ポータルサイト★
ba_navi

★自転車仲間の-蜜柑-mikanさんのブログ★
t02200067_0800024310471648399



★友人のお茶屋店のHP★

iidaya



★東北地方太平洋沖地震まとめプロジェクト★
東北太平洋沖地震まとめプロジェクト

★人気の整体院口コミねっと★
人気の整体院口コミねっと