蒲田駅から徒歩2分 ツラい体もスッキリ。整体るーむ・けいふろう

JR蒲田駅から徒歩2分のところにある整体るーむ『K-flow(けいふろう)』です。 内臓のコリに着目し、頭痛・首・肩コリ、腰痛、内臓のコリ、心の疲れをメンテナンス&リフレッシュする、貴方だけの隠れ家的な落ち着ける、友人のお部屋感覚の整体るーむです。 Twitterもやっております。フォローして頂けると嬉しいです。 https://twitter.com/jitetu_seitaisi Facebookもやっております。「いいね」して頂けると嬉しいです。 「血流整体 K-flow(けいふろう)」と検索してみてください。 施術の説明・健康情報・周辺情事・オーナーのプライベートなどを呟いていきます。

放射線量

■冷え性や肩コリ・便秘・腰痛など≪内臓のコリ≫からほぐす優しい施術です。勧
■JR蒲田駅(東口)から徒歩2分のアクセスが便利な場所にあります。
■日頃忙しい方の為に土・日・祝日(月曜日定休)で営業しています。
■10:00~21:00までFreeCall 0066-9715-4375でご予約の受付をしております。
■24時間いつでもご予約頂ける便利なネット予約もご利用頂けます。
https://www.peakmanager.com/pcweb/1008

ツラい冷え性・首・肩コリ・便秘・むくみなど≪内臓のコリ≫からアプローチし、からだ・心の疲れをメンテナンス&リフレッシュします。(マニプレーション)
自分と向き合い、しっかり不調を根本から解決したい方にけいふろうの施術をお勧めします。

真実と事実(放射能汚染の実態3)

ブログネタ
ソレはソレ。コレはコレ。 に参加中!
旅行2日目は宮城県に住む知人と合流して親交&観光で放射の測定はしませんでした。なので帰りのルート沿いで順次測定していきました。
2泊目は相馬市にあるビジネスホテルに泊まりました。平日の木曜日だったので特に予約もせずに飛び込みましたが、6~7件当たりましたがどこも満室で断れました。建築関係の作業員で一杯だったのでしょうか。予想外でした。
やっとの事で泊まれたホテルは出来たばかりの新しい建物で、尚且つ相馬市の宿泊相場よりちょっと高めでした。
それが、反って良かった事が起きました。
9月20日未明に福島県で震度5強の地震に遭遇しましたが、6階でありながらあまり揺れを感じませんでした。翌朝のTVでそんな大きな地震があったと知ったくらいで、次男は全く知らずに熟睡してました。最新の耐震構造の建物で良かったと実感。
ホテルコーラス相馬
ホテルを9時ちょっと前に出発し、福島第1原発方面に出かけましたが、立ち入り禁止区域があり真っすぐには行けなかったのでとりあえず、東北自動車道を目指しました。
ホテルでの測定値は0.18μSv/hとやはり基準値を超えてました。しかし、測定を繰り返しているうちに慣れてしまい、自分の中で基準値が緩和されてる事に気づき驚きを感じました。
SnapCrab_Noname_2013-10-19_15-50-22_No-00
↑9:39相馬市 国道115号線
山上0.44μSv/h
やはり立入禁止区域に近づくと途端に放射線量があがりました。しかし、相馬市の保育園の園庭では園児たちが普通に遊んでいました。複雑な思いで見ていました。
次の測定値は道の駅川俣です。山間の長閑な景色が見えるのですが、汚染された草のロールを摘んだトラックを時々見ました。
IMGP7262
↑毬栗が沢山落ちてる庭
窓ガラスが割れて荒れ果てた無人の家。もう誰も毬栗を採ることは無いんでしょうね。見えない恐怖を感じる光景でした。
SnapCrab_Noname_2013-10-19_15-51-44_No-00
↑11:00道の駅 川俣0.42μSv/h
SnapCrab_Noname_2013-10-19_15-52-18_No-00
↑11:44道の駅 ふくしま東和0.45μSv/h
やはり飯館村付近は放射線量が高いです。二本松ICから東北自動車道に乗り、磐越道経由でいわき中央ICで降り国道6号線を北上していきました。
SnapCrab_Noname_2013-10-19_15-55-51_No-00
↑13:00いわき中央IC0.18μSv/h
やはり、風下だったり土地の形状のせいか、放射線量は減りました。それでも基準値を超えてはいます。お腹も減ったし良い時間だったので国道沿いのラーメン屋さんで昼食を摂りました。そこでは人々が、極普通の日常生活をしていました。
13:45ラーメン屋さんの駐車場0.17μSv/h
SnapCrab_Noname_2013-10-19_15-57-29_No-00
↑14:10よつくら港0.13μSv/h
IMGP6952
↑打ち上げられたままの漁船と新設用のテトラポッド
国道号線から海側はすべて真っ平な土地でした。おそらく建物や漁港施設・港湾施設があったのではないでしょうか?真新しいお魚センターみたいな建物がそびえ立っていました。また、津波が来たらひとたまりも無いでしょうに。
ここから徐々に立入禁止区域に近づきます。次男も段々心配になってきたようでもう少し頻繁に放射線量を測定するようにリクエストされました。
SnapCrab_Noname_2013-10-19_16-0-29_No-00
↑14:34ひろの町役場0.22μSv/h
やはり近づくに連れ徐々に放射線量が増えていきました。レンタカーの返却時間を考えると15:00には東京に向かわないといけません。時間の許す限り北上しました。すると東電の発電施設が見えてきました。「あれ。まさか福島第1原発?そんな訳ない。」勘違いしたのでは東電火力発電所でした。しかし、原発に近づくにつれてそんな事も解らなくなるくらい緊張し始めているのでした。後で次男に聞いたら「近づくにつれ、ドキドキしてた。」と。
J-ビレッジを通過し道の駅ならはしで測定し帰路に着きました。
J-ビレッジを通過したころから道を走ってる車の風景が急変。人員を原発現場に送るバスや放射性ロールを積んだトラックを頻繁に見ました。ここからは明らかに危険・緊張が走る日常を感じ恐ろしくなりました。
SnapCrab_Noname_2013-10-19_16-49-16_No-00
↑14:45道の駅ならはし0.41μSv/h
帰路の途中休憩した常磐道友部SAでも測定しました。
SnapCrab_Noname_2013-10-19_16-1-34_No-00
↑16:12友部SA0.13μSv/h
ここまで来ればもう標準値に戻っていました。2時間のマージンを見越して帰路に着いたのですが、返却時間ギリギリに戻って来ました。
今回、測定しながらあちこちを見て回ってみて津波のビジュアル的被害の怖さより、一見長閑な風景に見えない恐怖を感じました。
こんな被害を出してしまってるのに原発再稼働、新設を推し進める人間が政治家をやっていても良いものだろうか?そんな当たり前の憤慨を感じずにはいられません。
また、すぐに人体に影響を及ぼさないレベルの放射連量に慣れれてしまう自分にも、恐怖を感じずにはいられませんでした。
やはり実際に行ってみて実で見て肌で感じる。その事で文字だけの事実より本当の真実は何か。を感じる事が出来ました。次男も今はあまり感じないかも知れないがいつかきっと人生に活かせる事があるかもしれません。
次回は、津波被害のビジュアル的面を中心にレポートしてみたいと思います。

【関連記事】
事実と真実(放射能汚染の実態1)
真実と事実(放射能汚染の実態2)


◆ 営業時間(完全予約制)

  10:00~22:00(最終受付は21:00まで)
  ご予約の際は1.お名前2.ご希望メニュー3.ご希望日時[出来れば第12希望まで]を電話かメールでお知らせください。施術中お電話に出られないことがあります。留守番電話に
  ●お名前 ●連絡のとれる電話番号 ●簡単な用件 をお入れください。折り返しお電話を差し上げます。
◆予約受付時間  
  お電話の受付時間は8:00~22:00 メールでの受付は24時間承っております。
◆年中無休( 不定休)

整体るーむ:K-flow (せいたいるーむ:けいふろう)

〒144-0052 大田区蒲田5-41-5サウンドプルーフ蒲田アネックス 203号室

Phone 03-6715-8191 Mobile 090-8622-1546

mail info_kflow@ybb.ne.jp 携帯mail taka.taka.0929@softbank.ne.jp

真実と事実(放射能汚染の実態2)

1.放射能の汚染実態を肌で感じてくる(放射線量計で測定)

と言う事で9月18日8時半にレンタカーを借り自宅(羽田)で次男をピックアップして、首都高速経由で東北自動車道に乗りました。
予定では一関ICで降り一般道を【奇跡の一本松】を目指すルートを選びました。途中休憩地で放射線量を計りました。放射線量は原子力規制員会発表のデータを参考にしました。
また、測定は地面から1mの高さに機器を乗せ、3分以上測定しました。
130918_102507
↑今回使った放射線量計
130920_082153
↑三脚を1m位の高さに設定
SnapCrab_Noname_2013-9-30_9-48-41_No-00
↑羽生SA10:30測定値:0.11μSv/h
SnapCrab_Noname_2013-9-30_9-50-1_No-00
↑那須高原SA12:00測定値:0.15μSv/h
やはり福島県に入ると放射線量は上がりました。
SnapCrab_Noname_2013-9-30_9-51-20_No-00
↑国見SA13:50測定値:0.19μSv/h
SnapCrab_Noname_2013-9-30_9-52-17_No-00
↑長者原SA14:57測定値:0.11μSv/h
と測定しながら岩手県陸前高田市に到着しました。長者原SAで安全基準値まで放射線量が減ったので、この日は測定を終了しました。そして、【奇跡の一本松】を撮影し市内の定食屋さんで夕飯を摂り、その夜の宿泊施設、矢作小学校に行きました。
SDIM0312 (2)
↑奇跡の一本松
IMGP6930
↑矢作小学校の校庭からの夜空

事前に放射能の勉強してから行ったので測定値自体には恐怖を感じませんでしたが、それでも基準値の数倍の放射線量を毎日浴びてる被災地の方は、どのような思いでこの事実と向き合っているのか?聞きたい気持ちと怖くて聞けない気持ちとが交錯しました。結局その事を地元の方には聞けませんでした。
次回は復路での測定の様子を報告します。

【関連記事】
事実と真実(放射能汚染の実態1)
真実と事実(放射能汚染の実態3)


◆ 営業時間(完全予約制)

  10:00~22:00(最終受付は21:00まで)
  ご予約の際は1.お名前2.ご希望メニュー3.ご希望日時[出来れば第12希望まで]を電話かメールでお知らせください。施術中お電話に出られないことがあります。留守番電話に
  ●お名前 ●連絡のとれる電話番号 ●簡単な用件 をお入れください。折り返しお電話を差し上げます。
◆予約受付時間  
  お電話の受付時間は8:00~22:00 メールでの受付は24時間承っております。
◆年中無休( 不定休)

整体るーむ:K-flow (せいたいるーむ:けいふろう)

〒144-0052 大田区蒲田5-41-5サウンドプルーフ蒲田アネックス 203号室

Phone 03-6715-8191 Mobile 090-8622-1546

mail info_kflow@ybb.ne.jp 携帯mail taka.taka.0929@softbank.ne.jp

事実と真実(放射能汚染の実態1)

ブログネタ
こんな現象大丈夫? に参加中!
以前から思う所があり、次男と車で2泊3日(9月18日~20日)で陸前高田市から福島第1原発を目的地に行ってきました。
いくつか具体的な目的を持ってこの旅行に臨みました。
1.放射能の汚染実態を肌で感じてくる(放射線量計で測定)
実際にホントに放射能汚染が酷いのか、それともホントは安全で問題ないのか。公的機関の測定値が合っているのか、偽装してるのか。それを確かめる。
※今回の旅行に友人を誘いましたが、「不要の放射能を浴びたくない。」と辞退しました。
2.津波被害の現状を見てくる(撮影) 
 被災者の現状を生の声で聴いてみたい。この眼に焼き付けてみたい。 

3.高校を中退してしまった次男に何かを感じてほしい。

 高校を中退しネット世界に浸ってばかり、頭でっかちの知識しか持っていない次男に、実際に見聞きし、バーチャル世界と実世界との違い、共通点などを感じてほしいと思う。
4.微力ながら被災地で消費(買い物・宿泊)して少しでも経済復興してもらえれば。
 なるべく被災地で買い物をして、少しでも復興の一助になれば。
蛇足ですが。。。
5.美しいモノを捉えて皆さんが勇気を持てる写真を撮りたい。
 趣味の写真撮影を通して、誰かに何かを感じてもらえる1枚が撮れれば。
そんな思いで行ってきました。

そして、最初に『1.放射能の汚染実態を肌で感じてくる(放射線量計で測定)』について書いていきたいと思います。
事前に、放射能被ばくについて簡単に説明します。
1.「放射能(Bq:ベクレル)」から「被ばく量(Sv:シーベルト)」 への変換について
震災直後、TVニュースでよく目にした文字ですが、
Bq(ベクレル)というのは、一秒間あたりの放射性物質の崩壊数を表します。
一方、崩壊した時に出てくるベータ線やガンマ線(放射線)が、人体に与えるダメージを「被ばく量(Sv:シーベルト)」で表しています。
素人なりに簡単に解釈すると、.「放射能(Bq:ベクレル)」は地震で言う所の規模を表す「マグニチュード」「被ばく量(Sv:シーベルト)」はそれぞれの場所での揺れの大きさ「震度」に相当すると解釈しました。
なので、被ばく量や影響度は、住んでいる場所・年齢で差が出ます。個人的には新陳代謝量でも差が出ると感じました。
出典:team nakagawa
また、人間が日常生活での被ばくの目安を記しておきます。
★放射線業務従事者及び防災に関わる警察・消防従事者に認められてる上限:50mSv/年=5.7μSv/時
★X線コンピュータ断層撮影検査(CTスキャン):5~30mSv/回
★一般公衆の線量限度(事故で受ける住民や医療でうける患者の線量を除く):1mSv/年=0.114μSv/時
★胃のX線集団検診0.6mSv/回
★胸のX線集団検診0.06mSv/回
情報提供:独立行政法人 放射線医学総合研究所
となります。
ただし、汚染された食物摂取から被ばくする内部被ばくは、また別の問題だと思います。なので、行く前はなるべく地元のものは食べないようにしようと思いましたが、実際は普通に食事してました。
9月18日8時45分に自宅(大田区)を出発しました。首都高速にのり、一路東北自動車道で一関IC~陸前高田市を目指しました。
ちなみに職場の放射線量を測定して置きましたが、0.08μSv/時と充分安全圏でした。
130918_102507
↑持参した放射線量計
つづく。

【関連記事】
真実と事実(放射能汚染の実態2)
真実と事実(放射能汚染の実態3)


◆ 営業時間(完全予約制)

  10:00~22:00(最終受付は21:00まで)
  ご予約の際は1.お名前2.ご希望メニュー3.ご希望日時[出来れば第12希望まで]を電話かメールでお知らせください。施術中お電話に出られないことがあります。留守番電話に
  ●お名前 ●連絡のとれる電話番号 ●簡単な用件 をお入れください。折り返しお電話を差し上げます。
◆予約受付時間  
  お電話の受付時間は8:00~22:00 メールでの受付は24時間承っております。
◆年中無休( 不定休)

血流整体・K-flow (けいふろう)
〒144-0052 大田区蒲田5-41-5サウンドプルーフ蒲田アネックス 203号室
Phone 03-6715-8191/ Mobile 090-8622-1546
mail info_kflow@ybb.ne.jp 

正確な情報収集&分析と冷静な判断

ブログネタ
地震 に参加中!
昨夜 横浜に住んでいる自転車仲間からメールがあった。
「会社を辞めて、関西のかみさんの実家に避難するよ」とあった。

また、実家の母も「東京は放射線に汚染されてるから、自転車通勤は止めて、公共交通に切り替えたら」と大騒ぎしてました。



さて、昨日の東京の放射線量を調べてみた。
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2011/03/20l3gj00.htm
↑東京都健康安全研究センターにおける放射線量調査状況について

上のデータを見ると、自然界の平常時よりは多いのかもしれないけど、人体に影響を与えるレベルではない事はデータを読めば直ぐに解るはず。
もちろん、少ない事にこした事は無いけど。

http://rcwww.kek.jp/kurasi/page-41.pdf#search='放射線 量'
↑放射線量

私達は普通に生活してても放射線を浴びてるのです。
それも、今回新宿で測定された数値の1,000倍以上(1年間)の単位で浴びてます。

昨日の新宿のデータから読み取ると。。。
3/16 5:00~5:59(1時間) 「0.143μSv=0.000143mSv」となります。

これは、検査で受ける放射線量。例えば、一般的なレントゲン撮影(胸部)が「0.4mSv=400μSv」ですからおよそ2,800倍です。



ちなみに、僕は去年の右肩骨折で20~30枚のレントゲン写真を撮りました。
0.4(mSv)×30(回)=12.0(mSv)=12,000(μSv)となります。
実に昨年1年間だけで新宿で測定された放射線量の『約8万4千倍』もの放射線を浴びた事になります。
でも、ちゃんと生きてます^^v


また、仮に放射線を浴びてたとしても、花粉症の僕は日ごろから外出(ジテツウ)時は、
1.マスクをしてる。
2.大きめのサングラスをしてる。
3.今の時期は長袖&長ズボンを着てる。
4.キャップを被ってさらにヘルメットも被っている。
5.家に着いたらまずは衣服に付いた花粉(放射性物質)を払っている。
6.屋内に入ったら真っ先に手洗い洗顔をしている。
と、まさに放射能の対策は出来ているのです。

画像-0302
↑地震対策にもなる?ヘルメット

画像-0300
↑かなり大き目のサングラス

この様な事だけでは無く、不必要な物資の買占めを止めて、被災者に物資が行き渡るように、間接的に支援していきたいと思います。



またデマになどに惑わされず、正確な情報の収集(情報の取捨選択)とその情報をよく理解・分析をし、それに基づいた正しい判断をしていきたいと思います。

関西に避難した友人の判断も間違いではないと思いますが、もう少し冷静に判断して生きていきたいと思いました。



原発の処理の命を掛けて働いている職員・隊員や色んな人々にエールを送りたいと思います。
また、被災した方々に自分の出来る範囲で少しでも応援をしていけたら、と思っています。





◆ 営業時間(予約優先)
  ◎月曜日-金曜日 10:00~21:00(最終受付20:30)
  ◎土曜日-日曜日 10:00~17:00
   ※予約時間外でもお気軽にご相談ください。
◆ 休業日 祝日・日曜日(不定休)

〒105-0013 港区浜松町1-12-14昭和アステック5号館1F
TEL03-3433-4150
mail
gzj04635@nifty.ne.jp
携帯mail taka.taka.0929@softbank.ne.jp
image100410 
フォローをお願いします!
マニプレーターのプロフィール
QRコード
QRコード
リンク集
★手技療法の施術院を紹介★
整体・カイロなび

★ジテツウ整体師のブログ★
ジテツウ整体師バナー1

★全国の整体の口コミサイト★
http://www.iarc.jp/seitai/

★東京にある整体の口コミサイト★
東京都にある整体の口コミ・評判なら 

★治療院くち得ナビ★
治療院 くち得ナビ

★腰痛専門 腰痛ポータルサイト★
ba_navi

★自転車仲間の-蜜柑-mikanさんのブログ★
t02200067_0800024310471648399



★友人のお茶屋店のHP★

iidaya



★東北地方太平洋沖地震まとめプロジェクト★
東北太平洋沖地震まとめプロジェクト

★人気の整体院口コミねっと★
人気の整体院口コミねっと